レセプト業務−医療事務資格取得WEB
医療事務資格
レセプト業務


 診療費の請求時に発行する明細の事を、診療報酬明細書(レセプト)と言います。
 レセプト業務とは、医療機関特有の仕事であり、診療報酬請求事務業務のことで、医療事務の中でも、最も、専門性の高い重要な仕事です。
 医業収入は経営を支える収入ですから、請求漏れや請求金額の間違いなどはあってはなりません。
 レセプト業務は、それだけ重要な業務になってきます。
 おおまかなレセプト作成の流れとして、その月のすべての患者さんのレセプトを作成し、医療事務スタッフによって確認し、次に医師による確認が行われ、提出先の定められた形式でレセプトを仕分けます。
 そして、レセプトと診療報酬請求書を提出し、審査に通れば、診療報酬が支払われるという仕組みになっています。
 レセプトの記述内容が間違っていたら、審査支払機関から医療機関へ、レセプトが差し戻される場合があり、これを返戻と言います。
 このような事から、レセプト業務は、医療機関の収入を安定させるために、返戻や滅点が発生しないように注意する必要があります。


▼無料資料をもらおう!
医療事務資格学校・通信講座の資料が無料!


医療事務資格TOP

Copyright(C)2008〜
医療事務資格取得WEB

レセプト業務−医療事務資格取得WEB