保険請求事務技能検定試験−医療事務資格取得WEB
医療事務資格
保険請求事務
技能検定試験


 保険請求事務技能検定試験とは、保険請求事務に関する知識を問う資格試験で、日本医療事務協会が実施しています。
 試験は、同協会が実施する医療事務の基礎講座終了後に実施され、受験者は、講座の修了生が中心となりますが、それ以外にも医療事務を専攻する大学や専門学校、各種職業訓練校の学生も多く受験している事で人気もあります。
 保険請求事務技能検定では、実技と学科試験が行われ、実技では、診療報酬請求業務(レセプト作成)・能力、学科では、医療保険制度・診療報酬・薬価・材料などに関する基礎知識、医療用語、医学・薬学の基礎知識などが出題され、年に7回開催され、合格率は6〜7割程度です。
 資格取得後は医療機関に勤務し、保険請求事務の専門家として活躍でき、医療系資格でも人気の資格です。


▼無料資料をもらおう!
医療事務資格学校・通信講座の資料が無料!


医療事務資格TOP

Copyright(C)2008〜
医療事務資格取得WEB

保険請求事務技能検定試験−医療事務資格取得WEB