医療事務管理士技能認定試験−医療事務資格取得WEB
医療事務資格
医療事務管理士
技能認定試験


 医療事務管理士技能認定試験とは、民間資格で、(株)日本医療事務センターの子会社、(株)技能認定振興協会が試験を主催し、発行している医療事務の資格です。
 資格には医科と歯科に分かれていて、医療保険制度や、診療報酬の仕組みを理解し、正確に診療報酬の算定を行います。
 また、医療現場を事務面からサポートする専門家として、医療機関では欠かせない存在です。
 このような事務スタッフのスキルを証明するのが、「医療事務管理士」の資格です。
 試験は実技試験と学科試験があります。
 実技試験は、診療報酬明細書の作成3問(医科:外科2問、入院1問、歯科:外来3問)、学科試験は、筆記(択一式)10問で医学一般と、保険請求事務(診療報酬点数の三手方法、診療報酬明細書の作成、医療用語などについての知識)となります。
 合格基準は実技70%以上、学科試験70点以上。
 合格者には認定合格証書が交付されます。


▼無料資料をもらおう!
医療事務資格学校・通信講座の資料が無料!


医療事務資格TOP

Copyright(C)2008〜
医療事務資格取得WEB

医療事務管理士技能認定試験−医療事務資格取得WEB