ケアクラーク技能認定試験−医療事務資格取得WEB
医療事務資格
ケアクラーク
技能認定試験


 ケアクラーク技能認定試験とは、介護報酬請求業務の技能を認定する資格試験で、財団法人日本医療教育財団が実施しています。
 合格者には、「ケアクラーク」の称号が付与されます。
 この称号は、介護報酬請求事務業務はもとより、コミュニケーションや社会福祉や介護技術など、介護事務職として求められる知識と技能を備えていることを証明するもので、全国の事業所や施設で「ケアクラーク」が活躍しています。
 業務は、介護保険サービスを実施している事業所、介護施設などのサービス費用を、保険者である国保連合会に請求する業務のことです。
 介護事務と呼ばれる事もあります。
 資格には、3級ケアクラークと2級ケアクラークがあり、ホームヘルパーの資格と両方取得することで、ケアと事務、両方の知識を持った人材としてニーズも上昇します。


▼無料資料をもらおう!
医療事務資格学校・通信講座の資料が無料!


医療事務資格TOP

Copyright(C)2008〜
医療事務資格取得WEB

ケアクラーク技能認定試験−医療事務資格取得WEB